無題
1459733952765.jpg
 

先週中頃
お散歩コース 近所の公園の桜です

今日は 朝から 雨模様・・・・
花散らしの雨となってしまうのでしょうか・・・・。





先週末 義母を見送って来ました
「青森のおばあちゃん」と今も娘が呼ぶ 義母は
7年前に 一人暮らしの青森を引き払い
娘である義姉の暮らす仙台で暮らす選択をしました

同居をはじめるきっかけは 認知症の兆候がみられたことでしたが
あの震災に見舞われ 
山沿いに住まいがあったので 津波に巻き込まれることはありませんでしたが
義母にも その経験は衝撃だったようで
そこを 境に 症状が進んだようです

震災の1年後 義母に会いに行ったとき
玄関で すぐ「のりちゃん」と私の名を呼び
娘にも「あゆみちゃんよく来たね」と声をかけてくれましたが

その一瞬だけ 神様が力を貸して下さったようで
リビングに戻ったときには もう私たちも 息子である夫のことも
その場にいるみんなが 他人に見えたり 
時々 なんとなく解ったりの様子でした

帰るときには 私の手をとって
「のりちゃん 親のためにも出来るだけ早く嫁に行きなさい
親に孫の顏を見せてやるんだよ」と 言って見送ってくれたので

「わかったよ 花嫁修業しておくね」と手を握り返したら
「うんうん」と 満足したような表情を見せてくれた 義母でした


その後は 進行する一方で
徘徊と妄想がひどくなり 介護施設300人待ちという絶望的な状態を
奇跡的にクリアして 入所出来 
時々 一時帰宅しながらの数年間だったようです

義母は90才でした

「ご苦労様でした」と 義母と
義姉一家 ひとりひとりにご挨拶したときは 涙々でしたが・・・・

火葬場の親族控室で
義姉と姪が義母の認知症故の珍行動の数々を
仙台弁で あれこれ聞かせてくれて
その場に居合わせた 全員 涙がこぼれるほど笑ってしまいました

不謹慎かと思われるかもしれませんが
壮絶だったであろう 介護の当事者が 笑い話として聞かせてくれた話は
「事実は小説より奇なり」・・・・
今まで見聞きした どんな話より 可笑しく悲しく・・・・

(理解して頂けるかどうか 不安なのですが)

こんな風に みんなに見送られて 義母は幸せな人だったなあと
しみじみ感じ 皆が同じことを口にしました。


義母のお骨は 故郷の青森へ
義父の眠るお墓に埋葬されました


おかあさん
ご苦労様でした

ありがとうございました


 
スポンサーサイト
[2016/04/04 11:04 ] | 日常 | コメント(10) | トラックバック(0) | page top
<<花散らしの雨 | ホーム | 完成しました>>
コメント
ちょっと、お義母さんのことが、気になっていました。
うちの母達と同じ年代なので。
皆さんで、見送ることができて良かったですね。
それぞれの家庭で施設や自宅での介護の仕方は異なりますが、たぶん、周りは大変だったと思います。

私は今年になって、今日で3回目の喪服を着ます。娘の嫁ぎ先のおばあちゃんも、90才でした。雨の一日です。
NORIさん、気持ちは少し楽になったかな。。。

花見、いっぱい行きましたよ🌸
[2016/04/04 11:31] | URL | はにーBEE #GpJA0K56 [ 編集 ] | page top
v-135 はにーさんへ

気にかけて下さって ありがとうございました
とうとうお別れの日を迎えました。
もしやと 解っていても事前に準備はやはり出来ないもので
連絡が来てバタバタと駆けつけましたが
お別れ出来て 義姉や甥、姪にも直接お礼を言えて よかったです

ほんとに笑いごとではない日々だったと思いますが
セキを切ったように 話す義母の武勇伝(?)話す方も聴く方も 最初はしんみりしていたものの
途中から笑に満ちていました

昨日一日 何も手につかず ぼーっとしていましたが
もうすっかり落ち着きました
はにーさん ありがとうございます

はにーさんは 三回目・・・
お悔やみ申し上げます
こういうことは続いてしまうのでしょうか
兄嫁も数日前に ご自分の息子のお嫁さん宅でご不幸があって 喪服をそのまま着てきたと 嘆いていました

お花見の予定 実現したんですね!v-252
[2016/04/04 18:09] | URL | NORI #uRhUbhsc [ 編集 ] | page top
お疲れは出ていませんか?

こうして親を見送る世代になりましたね!
夫の母も義姉が見ていますが、94歳。
昨年、やっぱり会っておこうと思い
出掛けました。
すでに、私は記憶に無く、夫もわからない様子。
何年か前、亡くなる時には肩をポンと叩きに行くよ!と私に言ってくれていましたが…寂しい。
ただ、痴呆になってもとても穏やかに過ごしてます。

桜、もうしばらく楽しめそうです。
[2016/04/04 19:21] | URL | wami #- [ 編集 ] | page top
NORIさんお疲れさまでした
わたしも4年前に同居していた義母を
見送りました
義母は長くリウマチを患ってましたが
亡くなる数ヶ月前までは痛いながらも元気でした
なので「急に」という思いがありましたが
たくさんの思い出の中で今も義母は生きています
ずっと忘れないでいるのが供養ですね
[2016/04/04 21:24] | URL | しずく #Pe0og0Jg [ 編集 ] | page top
NORIさんお辛いお別れでしたね。
でもご家族皆様に慕われてお義母さまも
お幸せだったと思います。
大変な震災を乗り越えられて沢山の想い出を残されて逝かれたのですね。

makoも父が97歳で母の分まで長生きさせて頂いています。
今は骨折して暫くは施設でお世話して頂いています。
嫌でもその時がと普段から心しておかないと~いつかは別れがきますものね。

人を見送る辛さはmakoの母の時いやというほど経験しました。
NORIさんもお疲れが出ませんように~そしてお義母様のご冥福お祈りしています。
[2016/04/05 14:03] | URL | s-mako #- [ 編集 ] | page top
そうでしたか。。。
寂しいですね。

お義母様も NORIさんも
お疲れ様でした。
[2016/04/05 15:29] | URL | えっこ #GvMSGEhI [ 編集 ] | page top
v-135wamiさんへ

はい ありがとうございます
大丈夫です

最初にあまり良くない様子を聞いたときは 色々考えすぎて重苦しかったのですが
ちゃんとお別れが言えて お見送り出来て私の中では 消化できました

移動の新幹線で 気持ちの区切りがついたのですが
ふと 日常の中で義母を思い出すのです

いつも使う包丁 義母が「これ良く切れるね~」と感心してたなあ とか
何気ないことで 義母とのやりとりを思い出してます

何もできない不出来な嫁でしたが
ちょこちょこと思い出すことで供養になるかなって 自分勝手に考えています

wamiさんのお義母さまも同じような状況なんですね

叔母たちも皆80才半ばを過ぎました
切ないですね

桜は 今日散りはじめました
[2016/04/05 21:13] | URL | NORI #uRhUbhsc [ 編集 ] | page top
v-135しずくさんへ

ありがとうございます
私は 何も義母のお世話もしなかったので
じつは 悔いがありました
随分以前に入院した際には もし義母さえ嫌でなければ私も付き添いたいと思い申し出たのですが
義姉が 気持ちだけでいいよ と言ってくれたので そのままになってしまったのですが 

いまになれば 他にもサポート出来たんじゃないかなって思っています

実の娘とはいえ かなり重い認知症だったので 義姉家族はどれほど大変だったのかと思いました

しずくさんは お嫁さんの立場でお世話されたんですね
大変でしたね
リウマチは痛みとの戦いですから お世話も大変だったでしょうね

折に触れて 義母を思い出して冥福を祈ることにします
[2016/04/05 21:20] | URL | NORI #uRhUbhsc [ 編集 ] | page top
v-135s-makoさんへ

義母とは離れて暮らして来たので
報せがあっても どこか実感がなかったです
再会するまでの行きの道のりは すごく気が重かったのですが
実際に顏を見たら ご苦労様でしたと 見送る気持ちが込み上がてきました

makoさんのお父様にも お元気に長生きして頂きたいです
お怪我のご快癒をお祈りします

お悔やみの言葉ありがとうございました
[2016/04/05 21:26] | URL | NORI #uRhUbhsc [ 編集 ] | page top
v-135えっこさんへ

ありがとうございました

私は嫁の中でも一人よその人間だったし
義姉とも親子ほど歳が離れていて どこか浮いた存在(?)でした

土地、土地の風習もあって
なにかと 戸惑うことも多いけど でも見送る気持ちはみんな同じなんだなあって
実感しながら帰宅しました

不思議なんだけど
帰ってきても
ふっとした瞬間に 御香の香りがしていましたv-352
[2016/04/05 21:31] | URL | NORI #uRhUbhsc [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://chokotuto.blog.fc2.com/tb.php/301-140564ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |