幸せのジャムつくり
普段 お料理に関しては すこぶる「ものぐさ」な私ですが
ジャムつくりだけは 別です



とは言っても・・・・年間に数回 いちご(一応地元の名産品なので はね物が手に入ることがあります)、キウイ(家庭菜園のものを頂くのですが 生食には酸味が強いので)、柚子(ご近所 いたるところに柚子の木を見かけます、残念ながら我が家にはなく 指をくわえております 笑)



↑結局・・・・材料費があまりかからないものばかりですが(苦笑)
柚子も ayuピーの同級生が お庭の柚子を届けてくれます

我が家では大歓迎なのですが
聞くと せいぜいお風呂に浮かべるくらいかな・・・・となんとも羨ましい

一度 柚子大根を作ってお届けして、いたく感激されました。
(レシピは お友達のはにーさんに教わりました)
それから 「ayuピーんちは 柚子を喜んでお料理に使うらしい」と覚えていてくれてayuピーが留守でも 同級生が届けてくれるようになりました


昨日は留守中に来てくれたようで 玄関前に柚子の入った袋が置いてありました
嬉しい お届け

今日は 午前中早速ジャムつくり
こちらに来て下さるネット友さんは みなさんお料理上手なので 私がレシピをご紹介するのも僭越なのですが 「こんな私でも」美味しくつくれる 柚子ジャムのレシピを どうぞ・・・・


① 柚子は良く洗い、横半分に切ります
②ボールにザルを乗せて置いて そこで果汁を搾ります。
 
ゆず1

③果汁(何グラムか計る)、種はとろみの成分が出るので あとで使います
 お茶のパックかガーゼに包んで置きます


ゆず2


④柚子特有の苦みが苦手な方がおおいのですが 果汁を搾ったあと 中の綿を丁寧にとると 苦み の少ない美味しいジャムになります。
 私はグレープフルーツ用のギザギザのスプーンで こそげています。

⑤傷んだ皮や 色の悪いものは お風呂用にします
 綺麗なところを選んで 出来るだけ薄く(長さも2センチくらいが良いみたい)切ります
 皮も重さを量ります


⑥皮をひたひたの水で ぐらぐら煮ます。 沸騰したらざるにあけ⇒また同じ作業をします
 これを合計3回 これで 皮がとても柔らかくなります。

⑦ザルにあげた 皮、果汁、種、お砂糖を鍋に入れます。
 この時に水を ひたひたまで足します。
 お砂糖は・・・・お好みですが 本などには皮と果汁の総重量の90%と表示しているものもありますが それは相当甘いので 私は50%にしています。



*今日は 皮+果汁=1090gだったので 500gと少々のお砂糖を入れてみました




⑧中火で10分 アクをとりながら煮て 種を出して さらに10分煮ておしまい
 この状態だと さらさらして物足りないのですが冷めると堅くなるので煮詰めすぎないのがコツ です
熱いうちに 煮沸消毒した瓶に入れまーす

ゆず3

今日は こんなサイズ(海苔の佃煮等)の瓶に5個程ジャムが出来上がりました。

ひゃっほ~美味しい!!


これから ラッピングしておすそわけに出かけます~♪
スポンサーサイト
[2013/12/08 14:06 ] | 未分類 | コメント(8) | トラックバック(0) | page top
| ホーム |